エアコンの電気代節約 « うつパパと新米ママの節約・貯金生活

エアコンの電気代節約

設定温度に気をつける

エアコンは1℃の変化で電気代が10%も違ってきます。

設定温度に気を配り、冷やしすぎ、温めすぎに注意しましょう。夏場は外気との気温差マイナス5~6 度、冬場だと20度以下が目安です。

夏場32、3度なら、設定温度は26~28度が適温となります。

人間は5~6度までの温度差であれば適応できますが、 それ以上だと体への負担も大きくなります。健康面からも冷やしすぎには注意が必要です。

 窓にカーテンをかける

エアコンを効率的に使うポイントとして、いかに部屋の気温が逃がさないかということがあげられます。

そのためによく聞く方法としてエアコン使用時は、暖房、冷房に関わらずカーテン、もしくはブラインドをするという方法があります。

室内でもっとも熱の出入りが激しいのが窓です。

冷房時には窓からの熱の侵入をさえぎる働きがあり、暖房時には室内の熱が外に逃げないよう妨げる働きがあります。

カーテンは厚手のものの方が効果的です。昼間だと暗くなるので、窓が複数ある場合は、直射日光があたる窓にカーテンをかけ、一つしかない場合は、レースのカーテンをするだけでも、そこそこの効果は期待できます。

これらはよく聞く方法なのですが、夏ならすだれやよしずの併用も効果的です。窓の外にあって、直射日光をさえぎるので、窓を通して入ってくる熱がそれだけ低くなり、カーテンによる断熱効果も高まります。

さらにすだれに霧吹きをかけておけば、放射冷却で涼しい風が入ってきます。

 風量は弱または自動にする

風量を自動設定にすれば、付けはじめは強風で、部屋が十分に冷えてくれば微風にかえるなどして、その時の状況に合わせてきめ細かに調整してくれるので、冷やしすぎなどによる電気代の無駄を省いてくれます。

 扇風機を利用する

人間は同じ温度でも風にあたると涼しく感じます。

エアコン使用時も扇風機で部屋中に風を循環させてやることで多少設定温度を上げても涼しさを維持することができます。

また冷気は下に、温気は上に行く性質があるので、扇風機で循環させてやれば部屋全体を温度のむらのない快適な環境にすることができます。

 フィルターをこまめに掃除する

エアコンのフィルターがちりやほこりで汚れていると、風量がおちて冷・暖房効率が低下してしまいます。

電気代で5~10%、1年間の金額にして約900円も違ってきます。説明書にも大抵書いてあることですが、2週間に1度の掃除が必要です。

掃除の仕方は、まずほこりが床やじゅーたんにつかないよう新聞紙を引いて、その上にフィルターを取り出します。そしてフィルターの裏に新聞紙を当てて掃除機で吸い取ります。

汚れがひどい時は、中性洗剤を溶かしたぬるま湯につけて洗い、日陰で乾かします。

 思い切って買い替える

エアコンは毎年新商品が販売されています。省エネエアコンもたくさん出てきていますので、古いエアコンを使っている方は買い替えましょう。

また、店員さんなどに相談すると電気代を計算してくれて○○年には元が取れますなどアドバイスをもらったりできます。

 



コメントは受け付けていません。