電気ポットは使わない « うつパパと新米ママの節約・貯金生活

電気ポットは使わない

水を入れてコンセントを差し込んでおくだけで常に熱いお湯が使える電気ポットはとても便利な電気製品です。

しかり、便利なものこそ電気代が高くつきます。

ある電気ポットで、水を一回沸騰させるのに5円以上、そのまま保温状態を一日保っていると20近くかかります。

つまり、一日2回ずつ沸騰させ、保温状態で一年利用していると、電気料金は一万以上になっています。

これはもちろん、節約生活の大敵です。

一人でコーヒーを飲むときは、コーヒーカップや耐熱ガラスのポットに少量の水を入れて電子レンジで沸騰させましょう。

電子レンジは電気代がかかると思い込んでいる人とが多いようですが、使用すると時間が他の電気製品と比べ極端に短いため、逆に電気代はかかりません。

たとえば、コーヒーカップ一杯分をのお湯を沸かす場合も一般的な電子レンジでは約50銭と、電気ポットの10の1以下です。

いつでもお湯が使いたいときは、ガスコンロでお湯を沸かして魔法瓶に入れときましょう。

これなら電気代0円で保温でき、節約生活にはもってこいのアイテムです。



コメントは受け付けていません。