お風呂のガス代節約 « うつパパと新米ママの節約・貯金生活

お風呂のガス代節約

お風呂のフタは必ずする

お風呂もそのままだとどんどんゆげが出て熱が逃げていきます。

ですから熱を逃さないようにふたをすることが大事です。また市販されてるアルミシートを浴槽 大に切って、お湯に浮かべて内ぶたとして利用すれば、さらなる保温効果も期待できます。

 

お風呂を沸かすときは、ふたと内ぶたをして沸かせば熱が逃げずに効 率的に利用されるので、沸かす時間も短くてすみます。その分ガス代も節約されます。

また沸かしたお湯もふたをしておけば冷めにくくなるので、季節にも寄り ますが、1~2時間程度なら追い焚きの必要もありません。

 

まとめて入る

お風呂に入るのにだらだらしていると、いくら暖まりにくく冷めにくい水であっても、水温が下がり、追い炊きする必要ができてきます。

最近のお風呂で、自動温度調節機能が付いているものは、設定した温度を保とうとするので、長い時間お風呂に入らないと、どんどんガスが消費されてしまうことになります。

 

それ以外のお風呂でも、間隔をあけて入ると、温度が下がって、追い炊きをしなければならない羽目になってしまいます。

 

シャワー時間を短く

蛇口をひねるだけですぐにお湯の出てくるシャワーは便利ですよね。

今やお風呂には必需品ですが、このシャワーからいったいどのくらいのお湯が流れていっているんでしょうか?

 

シャワーを17~18分使用すると湯船(200リットル)分くらいたまります。そう考えると結構な量ですが、その分節約の効果は十分得られると思います。

たとえば4人家族で1人1分シャワーの時間を減らすと約50Lの水を節水することができます。



コメントは受け付けていません。