うつ病の接し方 « うつパパと新米ママの節約・貯金生活

うつ病の接し方

うつ病の人への接し方を考えることは、家族や友人、恋人など、気になる部分であると考えられます。

しかし、あまりにもうつ病であることを意識するぎるのも逆に相手に気を使わせてしまいますし、かといって放っておくのも危険である場合もあります。

ですから、なるべく自然体に気を使いすぎず、ほどほどに配慮してあげるのがよいのではないかと思われます。しかし、これが難しいから困るのだと思います。

特に家族の場合は、時には感情的な接し方をしてしまう場合もあります。

うつ病の接し方として一番理想的なのは、あまり干渉しないが見守っているということが伝わるような接し方が一番理想的かもしれません。

うつ病の接し方を考える前に、本当はもっとうつ病と言う病気の理解をした方がよいのではないかと思われます。接し方はそれを学んでから出ないとうまく行なうことができないのではないかと思われます。

うつ病が単なるなまけ病であると誤った認識があったら、接し方といっても当然うまく接していけるとは考えられません。

ですからまずはうつ病をきちんと理解することが、接し方をする前に必要であると思われます。

うつ病という病気をきちんと理解して、なるべく自然体で接してあげれば良いのではないかと思われます。



コメントは受け付けていません。