お米を使って食費を節約するためのポイント « うつパパと新米ママの節約・貯金生活

お米を使って食費を節約するためのポイント

節約には欠かせない自炊。一人ぐらしや家族の帰りが遅い時などついついスーパーの惣菜やコンビニの弁当で走りそうになる私ですが、お米を使った節約料理が紹介されている記事があったのでご紹介です(^_^.)

 

【本日のお買い得をチェック】

 

↓ここから引用↓

◎ポイント1:ご飯をストックしておく

常に炊飯器や鍋でご飯を炊ければ問題ないのですが、著者はお米を洗うことすらおっくうに感じてしまうことがあります。そんなときのために、炊いたご飯が残ったときや、多めに炊いてたときに、1膳分ずつラップで包み冷凍してストックしておくと、すぐに使えて便利です。面倒でもラップを使って平らに冷凍した方が、解凍時間が早いです。

 

◎ポイント2:ご飯のお供を用意しておく

ふりかけ、お茶漬けのもと、梅干、海苔、納豆、キムチなど、料理を作る気力がなくてもなんとか食事になる、というものがあれば自炊を続けることができます。

 

◎ポイント3:雑炊にする

お茶漬けより少しレベルをあげて、雑炊を作ります。雑炊は水分を吸って嵩が増えるので、少量のご飯で作れる節約料理です。ご飯と一緒に、野菜や小魚、卵、ごまなどを加えれば栄養バランスも良く、カロリーも低い良質の食事になります。

 

◎ポイント4:チャーハンにする

チャーハンは、男性でも食べ盛りの子供でも満足する一品にすることができます。また、何を入れても比較的美味しく食べられるのも特徴です。冷蔵庫に半端に残った肉や野菜、漬物などの処理にもチャーハンは便利です。買出しに行く前は、チャーハンで冷蔵庫の在庫整理をしましょう。カロリーは上がりますが、油は多めに、味付けは濃い目にするとガッツリ系の美味しいチャーハンになります。

 

◎ポイント5:炊き込みご飯にする

炊き込みご飯は、炊飯器が勝手に調理してくれるので、お金も時間も節約できる上、味噌汁を付ければ、栄養バランスも見た目も良い食事になります。具は何でも良いですが、著者は大根、ごぼう、にんじんなどの根菜、鶏肉、油揚げ、きのこ類でよく作ります。

味付けは濃縮めんつゆを使うと簡単です。また、肉じゃがやうま煮などの煮汁を利用しても美味しく作ることができますよ。

 

◎ポイント6:夕食のおかずをリメイク

丼物にリメイクするのが一番簡単です。天ぷらなら天丼、麻婆豆腐ならマーボー丼にリメイクします。ミートソースのパスタや、ホワイトシチューなどは、耐熱容器にご飯を入れ、ミートソースやシチューをかけ、チーズをのせてオーブンで焼けばドリアになります。

煮物の場合はカレールウを入れてカレーライスにします。から揚げや焼き魚などが少しだけ残っていたら、小さく切っておにぎりの具にできます。

↑引用ここまで↑

引用元:http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0109&f=column_0109_031.shtml

残ったご飯はいつもおにぎりにして冷凍庫に入れているので、重宝しそうです。


>> ブログ村 おうちごはん

(* ̄ . ̄)σ 節約貯金
よかったら、過去の記事も読んでみてください。
いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。

節約貯金節約・貯蓄 ブログranking料理ブログ おうちごはん

コメントは受け付けていません。